ウエストワールド Wiki
Advertisement

Journey Into Night

大虐殺が起きたガラの夜、シャーロットはバーナード・ロウと数名のゲストと一緒に、近くの納屋に隠れて生き延びていた。近くに危険がないことを確信し、一番近くのサービスアクセスポイントへ向かうこを決める。そのとき納屋に敵対心のないホストの少年が入ってくると、バーナードの講義にも関わらず怯えるゲストたちは少年を殺害した。パニックのなか、バーナードは頭部を傷つけ、耳からコアの液体が漏れはじめてしまう。

アクセスポイントに向かう途中、デロス社の車両とスタッフを見つけ、ゲストの一部は駆け寄っていく。バーナードは違和感を感じて、シャーロットを連れて身を隠した。車両とスタッフは罠で、ゲストたちはアンジェラたちに襲撃される。シャーロットは近くにある自分専用の基地があることを明かし、そこへバーナードを案内した。

基地ではゲストの情報を盗み、収集する作業が行っていた。またシャーロットはデロス社に救出を要請するが、データを詰め込んだホストピーター・アバーナシーが届くまで出動しないという返事だった。バーナードはパーク内にいるピーターの位置を特定するためにホスト同士のネットワークを使用することを提案する。

シャーロットがガラ用のドレスから着替えてている間バーナードは致命的な状態に陥っていたが、彼女が戻る前に回復し気づかれずに済んだ。バーナードはピーターを発見したことを報告する。

Reunion

Editicon.png このセクションは書きかけです。是非編集ボタンをクリックして知っていることを追加しましょう!
Advertisement