FANDOM


Reunionは、ウエストワールドシーズン2の第2話。監督はヴィンチェンゾ・ナタリ、脚本はカーリー・レイとジョナサン・ノーランが手がけた。

ストーリー編集

ドロレスを含む多数のホストはパーク外に連れ出され、ローガンに見せてパークへの出資を求めるパーティーに出席していた。その宴にアーノルドは思入れのあるドロレスは出席させず、外へ連れ出し建設中の彼の新居を案内する。夜景の美しさに見とれていたドロレスが「またいつかここに戻ってこられる?」と尋ねると、アーノルドは「約束する」と答えた。

ドロレスはテディをパークの修理センターに連れ出して、これまでに何度も殺され修理されてきた記録を見せ、彼がホストであることを教える。センターにいたスタッフからパークを鎮圧するために800名近くのセキュリティチームがまもなくやってくること聞き、廃棄されている南軍のホストを蘇らせて手下とし、人間に対抗する武器を探した。ウィリアムはローレンスを救い、仲間を増やすためにエル・ラッソを演じるホストに会う。エル・ラッソは、ゲームは一人でプレーしなければならないとのフォードのメッセージを伝えた後、手下と共に自殺する。

若き日のウィリアムはローガンの父のジェームズとともにパークを訪れ、ゲストの心を探るのに適した場所だと売り込む。ジェームズはパークを購入し、ローガンではなくウィリアムを後継者に指名する。

キャスト編集

トリビア編集

ギャラリー編集

脚注編集