FANDOM


Akane No Maiは、ウエストワールドシーズン2の第5話。監督はクレイグ・ゾベル、脚本はダン・ディーツが手がけた。

ストーリー編集

将軍ワールドは、ウエストワールドでは物足りなくなったゲストのために創られた、より残忍で血なまぐさいパーク。メイヴたちはは浪人のムサシらのグループに捕えられ、その過激なパークへと連れてこられる。道中、メイヴは、日本語で繰り広げられるムサシと手下との会話の内容を、自分が理解していることに気付く。これは、すべてのホストに潜在的に備わっている能力だった。ムサシやその手下、世界観もどこかウエストワールドに似ていて、リー・サイズモアはこのパークの脚本を作っているときは時間がなく真似したことを明かした。

ムサシが金を盗むために襲った芸者屋で、メイヴは自分と同じ立場にある女将アカネに会う。同じ設定にあるホストたちは時に違和感を感じながら手助けをしたり親しみを感じるようになり、メイヴたちは宴でもてなされた。その時将軍の遣いがやってきて、将軍のために名高い踊り子でアカネの養女のサクラを渡すよう強要する。捨て子同然だったサクラを拾い、娘のように育ててきたアカネは命令を拒否し使者を殺す(これはアカネも目覚めたことを意味する)。一行は夜の闇にまぎれてサクラの故郷へ逃れる計画を立てるが、将軍は忍者を送り込んでサクラを連れ去り、兵を町に送り込んで制圧しようとする。

脚本では兵がやってくる筋書きはなく、リーは将軍がシナリオから逸脱していることに気づく。首を締め上げられピンチのメイヴは、無言で忍者をコントールして自殺させることに成功する。メイヴ、アカネ、リー、フェリックスはサクラを救出するため、異国からの客人を装い将軍の陣に入り込む。謁見のとき、どこか様子のおかしい兵たちだったが陰陽師と疑うメイヴの命令を聞けないよう潰されていたからだった。サクラとアカネ、二人で踊ればサクラを返すと言った将軍だったが、結局舞を踊る前にサクラを自ら刺し殺した。ひとり踊るアカネは、舞に魅了される将軍の首を隠し持っていた刀で切り落とす。兵たちに捉えられるが、メイヴは再び新しい力で将軍の兵をコントロールし同士討ちさせる。

ドロレスたちは連れ去られたを取り戻すため、スウィート・ウォーターの街にやってきた。町には屍体が転がりかつての姿はなく、テディは故郷の酷い状況をみて傷ついていた。ドロレスはかつて二人がよく訪れた丘にテディを連れて行くと、テディはこのまま逃げて二人で生きていくことを提案する。

町に戻り宿で結ばれ、幸せな時間を過ごした二人だったが、ドロレスは善良過ぎるテディが今後の厳しい戦いで生き抜くことはできないと感じはじめ、強制的に再プログラムする。

キャスト編集

トリビア編集

ギャラリー編集

脚注編集