FANDOM


Les Ecorchesは、ウエストワールドシーズン2の第7話。監督はニコール・カッセル、脚本はジョーダン・ゴールドバーグ、ロン・フィッツジェラルドが手がけた。

ストーリー編集

<現在>ストランドバーナード・ロウアシュレーを拘束し、シャーロット・ヘイルの元へ連れてくる。そこはフォード博士がかつてホストの家族を住まわせていた家で、ストランドはどちらかがテレサ・カレンをここで殺害したはずだと問い詰める。アシュリーに矛先が向くが、バーナードは自身がフォードにコントロールされテレサを襲った記憶を思い出していた。家内で捜索をしていたスタッフが隠し扉を見つけると、その中にバーナードがいくつも並んでいて、シャーロットらにホストであることが知られる。

メサに戻りシャーロットはピーター・アバーナシーの頭部に埋め込んでいたコントロールユニットの在り処を聞き出すために、バーナードを拷問。記憶を解析したバーナードは、「コントロールユニットは第16区域ゾーン4に。」と位置を答えた。

<メサ>列車による爆破に続き、ドロレス率いるホストたちがメサに侵入する。デロス社のセキュリティチームが応戦するが、ホストらが圧倒し殺害されていく。シャーロットは慌ててピーターの頭部からコントロールユニットを取り出そうと試みるが、そのときドロレスとテディがたどりつく。ドロレスはシャーロットへ復讐を果たそうとするが、隙を見て逃げられる。ピーターは父親モードになって記憶を取り戻し、ドロレスに「愛している」と伝えた。ドロレスは涙を流し、父からコントールユニットを取り出し別れを告げた。

<揺りかご>仮想現実の世界に入ったバーナードは酒場でフォードに再会する。バーナードは以前揺りかごにやって来たのは、フォードの記憶をコピーするためだったことがわかる。フォードはウエストワールドがゲストの情報を収集し、コピーするための場所であったとバーナードに説明し、「人は不死を望みホストのよう二なりたいんだ」と話した。会話の途中、データルームにも危険が迫りバーナードは再マウントされ、現実に戻される。エルシーは"揺りかご"への干渉は止んだことを伝え、脱出しようとするが、バーナードにはフォードの幻が見えるようになっていた。ドロレスより先に彼方の谷に着かなくてはならないとエルシーに言い、車のキーを取ってくるから�あとで落ち合おうと別れる。別れたあとバーナードはフォードの声に従いシステムをシャットダウンした。

メイヴと娘は亡霊の国の戦士から逃れて小屋に隠れた。ウィリアムもまた逃れて小屋にやって来たところに、メイヴと彼女がコントロールしたホストたちに襲われる。窮地に陥ったウィリアムをローレンスが助けようとするが、メイヴはウィリアムが妻を殺したことをローレンスに思い出させ、彼はウィリアムを撃った。そこにリー・サイズモアがセキュリティチームとやってきて、娘は亡霊の国の戦士に捕らえられ、メイヴは傭兵に撃たれるが、リーによって救出されメサに運ばれる。

コントロールユニットを手に入れたドロレスとテディは瀕死のメイヴに遭遇する。ドロレスは慈悲でを殺そうとするが、メイヴは断った。


キャスト編集

トリビア編集

ギャラリー編集

脚注編集