FANDOM


Kiksuyaは、ウエストワールドシーズン2の第8話。監督はユタ・ブリースウィッツ、脚本はダン・ディーツ、カーリー・レイが手がけた。

ストーリー編集

亡霊の国の戦士のアキチタは、メイヴや彼女にコントロールされたホストに撃たれて瀕死のウィリアムを川辺で見つける。馬に乗せキャンプに連れていくと、殺害はせずそのまま生かしていた。そこには連れ去ったメイヴの娘もいて、アキチタは隣に腰かけ話しかけた。アキチタは今まで繰り返した人生を全て覚えていて、ウィリアムを見て脅えるメイヴの娘も同じく過去の記憶を持つホストだと気付く。アキチタはかつて先住民として部族の仲間と暮らし、コハナという恋人がいたときのことを語り始める。 穏やかに暮らしていたアキチタは遠くまで出かけときに教会のある町にたどり着く。そこにはドロレスなど多くのホストの屍体が横たわっていて、迷路の図像も見つける。それからアキチタは迷路に取り憑かれたようになり、仲間たちは気が狂ったのではないかと不審がられるようになっていた。

そしてある日ストーリーの変更でアキチタの攻撃性は高められ、亡霊の国の戦士としてキャラクターも変更された。パークから出ることができず正気を失っていたローガンに遭遇し、世界が偽りであることに気づく。かつての伴侶であったコハナのことも思い出し、ふたりで逃亡を試みるがスタッフに見つかりコハナだけ回収されてしまう。それからアキチタはコハナを探し回り、やっとメサの倉庫に保存されているのを見つけるが、彼女を取り戻せないことを理解する。

パークに戻されてからは迷路の図像を広めて他のホストに警告し、メイヴ親子も守ろうとしていた。ある夜、アキチタはフォード博士に出会う。フォードはアキチタが迷路の模様をどこで見つけたのかなど質問をしていくうちに彼が他のホストとは異なることに気づき、君に光りを与えてやろうと言い「仲間を集めて新世界へ導け」と助言した。

エミリーがキャンプに現れウィリアムを連れていくことを交渉し、アキチタは受け入れる。

リー・サイズモアは損傷したメイヴをセンターに連れて行き、修理を依頼する。手いっぱいの治療スタッフは最初は断ったが、リーがメイヴに特別な力があることを説明すると治療をはじめた。メイヴの報告を受けたシャーロット・ヘイルがやってきて、解析すると体を切り開かれたメイヴがウエストワールドのネットワークを介して他のホストと通信し命令を送っていることを知る。まさにそのときメイヴはアキチタに信号を送り会話をしていた。

キャスト編集

トリビア編集

ギャラリー編集

脚注編集