FANDOM


スパイの正体は、ウエストワールドシーズン1の第6話。監督はフレッド・トーイ、脚本はヘイリー・グロスとジョナサン・ノーランが手がけた。

ストーリー編集

自分が死んでも生き返ることに気付いたメイヴは、修理担当のルッツから、自分は人間に創られ、すべてをコントロールされている存在であると知らされる。彼女は修理担当のシルベスターを脅し、自分の特性に変更を加えるよう指示、総合的な知性を意味する“統覚”を最大限まで上げさせる。一方、迷走したホストがデータ持ち出しに利用されていたことが分かり、バーナードテレサに報告しようとする。

キャスト編集

トリビア編集

ギャラリー編集

脚注編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。