Fandom


Journey Into Night編集

アーノルドとドレスを着たドロレスが部屋の中で向き合って座っている。二人は夢についての話をし、ドロレスが「現実とはなにか」と尋ねると、アーノルドは「替えのきかないこと」と答えた。ドロレスはそれが正直な答えだと感じ、アーノルドはドロレスの急速な成長と可能性に恐ろしさを覚えていた。

大虐殺の2週間後、ゲストを救出するためにパークへやって来たデロス社のセキュリティチームは、浜辺で亡霊の国の戦士の肢体を発見し、記憶を調べた。死ぬ直前の記憶にはドロレスの姿が映り、「現実世界への旅にはいくことはできない」と撃たれるところだった。

暴動が起きた数時間後、ドロレスはテディアンジェラの共に逃げ惑うゲストを狩っていた。3人のゲストを捕まえると、ドロレスは牧場の娘とワイアットが合併して今の自分を作ったことを説明する。木から吊るし上げられ、嘆く三人をそのまま放置して去っていった。

高い丘からパークを見下ろすドロレスとテディ。テディは大虐殺したこと、そしてドロレスが本当にそれを望んでいるのか疑問に感じていた。テディは二人で一緒に住んでいければ十分だと伝えるが、それでは生き抜くことはできないとドロレスは答える。そしてその大きな世界では、勝つだけでは十分ではなく人間から奪う必要があると続けた。

Reunion編集

Editicon このセクションは書きかけです。是非編集ボタンをクリックして知っていることを追加しましょう!
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。