ウエストワールド Wiki
Advertisement

Journey Into Night

大虐殺の2週間後、バーナードは浜辺で目覚める。ホストだと疑われデロス社のセキュリティチームに囲まれるが、アシュレーがやって来て助け出される。本部を設置したビーチに移動すると、ホストたちが兵士に撃たれ殺害されているところだった。本部で会ったセキュリティチームの指揮するカールに、敵対的ではないホストまで殺害していることを抗議したが、カールはバーナードの意見を無視し、アシュレーが属している品質部の責任でもあると非難した。

一同が浜辺に横たわる亡霊の国の戦士の記憶を調べると、死ぬ直前の映像にドロレスの姿が映り、彼女によって射殺されたことが明らかになる。バーナードは不具合で震えはじめた腕を押さえながら、ガラの出来事を思い出していた。

ガラの夜、バーナードとシャーロット・ヘイルと数名のゲストは、近くの納屋に隠れてホストの襲撃から生き延びていた。近くに危険がないことを確信し、一番近くのサービスアクセスポイントへ向かうこを決める。そのとき納屋に敵対心のないホストの少年が入ってくると、バーナードの講義にも関わらず怯えるゲストたちは少年を殺害した。パニックのなか、バーナードは頭部を傷つけ、耳からコアの液体が漏れはじめてしまう。

アクセスポイントに向かう途中、デロス社の車両とスタッフを見つけ、ゲストの一部は駆け寄っていく。バーナードは違和感を感じて、シャーロットを連れて身を隠した。車両とスタッフは罠で、ゲストたちはアンジェラたちに襲撃される。 シャーロットに近くにある自分専用の基地へ案内され、DNA認証にもホストとバレずにパスして入室した。

そこではデロス社がゲストの情報を盗んでいる事実が明らかになる。またデロス社の救出を要請するが、データを詰め込んだホストピーター・アバーナシーが届くまで出動しないという返事だった。バーナードはパーク内にいるピーターの位置を特定するためにホスト同士のネットワークを使用することを提案する。その準備をしているとき、バーナードの漏れたコアプロセッサーの液体が危機的なポイントに達し、修理しなければ1時間以内に死亡することが表示される。バーナードは今にも倒れそうな状態のなか、他のホストから液体を抽出し、自分に投入して難を免れる。

再び2週間後、バーナードはセキュリティチームはホストがパークの境界線を越えて新しいエリアへに入っていることを見つける。そこには見たことのない海が広がり、数百のホストのしたいが浮いていた。立ち尽くすバーナードにカールが「なにか覚えているか」と尋ねると、自分が彼ら全員を殺したと答えた。

Reunion

Editicon.png このセクションは書きかけです。是非編集ボタンをクリックして知っていることを追加しましょう!
Advertisement