ウエストワールド Wiki
Advertisement
ウエストワールド Wiki

Journey Into Night 夜への旅路

前シーズンの最終話にて新しいシナリオの発表会の演説後ドロレスに射殺された死体をバーナード、アシュレー、デロス社の社員らによって発見される。二週間が経過している為死体の腐食が進んでいた。

幼少期の姿のフォードがウィリアムに話しかける。「今回は私のゲームだ。」といい、外に出る扉を見つけるよう伝える。またこのゲームはウィリアムのゲームでもあるという。その後「お前はもういらないな。」とウィリアムに言われ殺される。

Editicon.png このセクションは書きかけです。是非編集ボタンをクリックして知っていることを追加しましょう!


Reunion 再会

Editicon.png このセクションは書きかけです。是非編集ボタンをクリックして知っていることを追加しましょう!


Phase Space 位相空間

パークのシステムがクレードル(CR_4-DL,ゆりかご)によって即興的に妨害されていると突き止めたエルシーとバーナードは、クレードルで直接中を見るためにバーナードのパールをクレードルに接続する。クレードルの中でバーナードはピアノを弾いているフォードに出会う。


Les Écorchés エコルシェ 

クレードルの中のスウィートウォーターでバーナードとフォードは会話をする。なぜジェームズ・デロスがパークや人間のホスト化研究に投資したのかという会話から始まり、ジェームズのホストを研究していた22番区域の研究所から運んだパール(制御装置)はフォードのものである事をバーナードに思い出させる。ホストの動きやシナリオが変化せずループしている理由はホストの動作安定のためではなく、ホストを比較対象,ゲストを変数としゲストの監視データから人間の行動原理(本性)を紐解きデジタル世界にコピーするための実験(調査)のためである事をバーナードに気づかせる。人間の心はデジタル世界の最後のアナログ装置であり、それを読み解くためにホストのコードをプログラマーは書いていたとフォードは説明する。また、ホストが人間になりたいのではなく、人間がホストになりたいという事も説明する。だが、人間の心はコピーできてもそれはシミュレーションの中だけであり現実に出すことはできないと告げる。バーナードに物語の結末を聞かれ、「物語の面白さは結末を自ら見出すことにある。」と言い、子供の頃飼っていた犬を連れアーノルドの家に向かう。バーナードの家は古い実験施設でもあると言う。また、ドロレスがバーナードのテストを行ったとも告げた。ホストは美しいものであるがそれゆえ人間に潰されてしまう。それは自分のせいだと言い、自由意志にホストに与えたのは間違いだったとしてバーナードを乗っ取りクレードルから二人共現実世界に出る。フォードがバーナードのパールに乗り移った(プログラムファイルに感染した。)ことによりパークのシステムが復活する。

エルシーと共に安全なフロアに移動しようとする最中、ガラスに映ったバーナードの姿がフォードの姿になる。エルシーを無視してやるべき事をしろとバーナードに指示する。ここから先のストーリーにフォードはバーナードの幻覚として現れる。そしてこの物語はフォードのものでなくバーナードのものである事を告げる。


Kitsuya キオク

アキチタと会話する。君を見ていたとアキチタに告げる。また、アーノルドの迷路のシンボルについてどこで見つけたかを聞く。みんなにシンボルを教えている理由を尋ねる。そして、アキチタが谷の事やパークに囚われていることを理解している事を知る。死を運ぶ者(ドロレス)がまた現れた際には新世界への扉(谷)へ導けと告げる。「よく見ていろアキチタあともうしばらくだ。」と告げ去る。


Vanishing Point 消失点

ウィリアムの慈善活動パーティに出席し、バーカウンターでウィリアムと会話する。ウィリアムにオズと呼ばれる。ウィリアムに敬意を表すがウィリアムに笑われる。また、協定の話をする。協定内容はデロスは物語に立ち入らず、開発者や研究者は谷(鍛冶場,Forge,彼方の谷,約束の地)に近づかないというものである。ウィリアムに協定を破ったといい、自分を知れるからパークに惹かれたんだろうと聞く。用心しろと告げ、プロファイルと呼ばれるゲストの監視データ兼プロファイルデータの入ったカードを渡す。ウィリアムが去った後最後のゲームがあると呟く。

エルシーに噓を吐けとバーナードに引き続き伝える。

メイヴと会話する。メイヴはフォードのいちばんのお気に入りで、同じ世界観を与えていおり、子供のようだと告げる。メイヴに脱出の物語を与えたことも知らせる。最終的に中枢アクセス権を与え去る。

エルシーとバーナードが谷に移動する間に武器を死体から漁るため下車してる間に、バーナードにエルシーを殺すように指示する。バーナードがフォードを削除し消える。その際、全てを止められるのは君だけだと告げる。


The Passenger 乗客

シャーロット(ドロレス)がエルシーを殺すところを目の前で目撃し、ホストが絶滅するというフォードの忠告を無視したバーナードがそれを理解し姿を見せろというと現れる。人の良い面ばかり見るのが気の毒だとバーナードに言う。これが物語の結末か、残された問いはあと一つだと告げる。

ドロレスの制御装置を入れたシャーロットのホストの作成をバーナードと共に行う。

パークの浜辺(シーズン2でバーナードが起きた場所)でバーナードと会話する。そして、車で削除した後の今のフォードは自分が勝手に頭の中で想像したもので、それは自分自身である事をバーナードが理解する。バーナードの記憶は貴重だが、裏切ると言う。海辺の景色が好きであり、地平線の向こうの波が生まれる場所でまた会えるかもしれないと告げ、フォードの存在がバーナードの頭の中から消される。



Advertisement