ウエストワールド Wiki
Advertisement

マイケル・クライトン(マイクル・クライトン)

マイケル・クライトン(1942年10月23日 - 2008年11月4日)は、アメリカ合衆国の小説家、SF作家、映画監督、脚本家。全世界で1億5千万部もの本を売ったベストセラー作家であり、多くの作品が映画化された。1994年にはテレビ(『ER』)、映画(『ジュラシック・パーク』)、書籍(『ディスクロージャー』)で同時に1位となる快挙を成し遂げた[2]。テレビドラマ『ER』では製作総指揮を務めパイロット版の脚本も手がけた。作品はアクション主体で、そこにテクノロジーも取り入れられている。一般にテクノスリラーと呼ばれるジャンルに分類され、テクノロジーとそれを扱う人間の間違いを描き、最終的に生物工学的大災害を生じるストーリーが多い。近未来を舞台にした小説では、医学や科学の知識を基盤としている。[1]

マイケル・クライトンとウエストワールド

『ウエストワールド』(1973年)はCGIを使った最初の映画で、続編の『未来世界』(1976年)では初めて3次元CGIが使われた。

『ウエストワールド』(1973年)はマイケル・クライトンの初監督作品である。

J・J・エイブラムスとマイケル・クライトンはウエストワールドについてシーズン1製作の20年も前からリメイクの構想を議論していたという。映画版では人間が勝利し、人間視点で描かれていたウエストワールドをホスト視点で描きなおすのはどうかとのJ・J・エイブラムスの提案にマイケル・クライトンは賛成し、映画版ではなくTVドラマとして作成するのはどうかと提案した。[2]

Advertisement