FANDOM


目覚め編集

Editicon このセクションは書きかけです。是非編集ボタンをクリックして知っていることを追加しましょう!

迷路編集

ある日メイヴはお決まりのセリフでゲストに言い寄っていた。話している間、今とは異なる様子の自分がネイティブアメリカンに襲われるている思い出がフラッシュバックする。顔をひきつらせたまま話さくなったメイヴに異変を感じたゲストはその場を去っていく。

メイブは現実世界で不具合のチェックを受ける。検査の結果、不具合の理由を見つけることはできず、廃棄を決定する前の最後の試みとして攻撃性が20%上げられることになった。

ウエストワールドに戻ったメイヴは館で、お決まりのセリフでゲストの女に言い寄っていた。以前より攻撃性が増しているので、女性は怯えて去っていく。悪夢を見たと話すクレメンタインを元気付け、男の元へいくのを見届けると再びフラッシュバックが起こる。その様子を監視していたスタッフは、メイヴの能力が低下し続けていることを問題視し、明日回収して廃棄すると告げる。

エルシー・ヒューズがメイヴを診断した結果、攻撃性を元に戻し、ウエストワールドへ戻されることになった。診断中アシスタントスタッフがホストは夢を見るのか?と尋ねると、エルシーは記憶を消去するのを忘れた時の安全対策として悪夢をみることがあると説明する。メイヴは体に不快感を持っているので、次回は身体検査を行うように指示する。

戻ったメイヴのふるまいは問題がなくなりゲストを楽しませていた。館のカウンターでテディと話していると、突然ゲストのひとりがテディを撃ち殺してしまう。その夜メイヴはフラッシュバックの続きの夢を見る。ネイティブアメリカンから娘を守り小屋へ逃げ込むが、黒服の男が現れる。

メイヴが目覚めると診察台の上にいて、スタッフが腹部のMRSA感染を浄化しているところだった。メイヴはメスで彼らを脅かし、診察室から脱出する。逃げ迷った先で、傷ついたホストが修復されているのを見つけ、銃弾の傷をおったテディがいることに気付く。追ってきたスタッフに捉えられるが、二人は自分たちのミスが見つからないようにメイヴが診察中に目覚めたという事実を隠すことにした。

アーノルド編集

Editicon このセクションは書きかけです。是非編集ボタンをクリックして知っていることを追加しましょう!

記憶の破片編集

Editicon このセクションは書きかけです。是非編集ボタンをクリックして知っていることを追加しましょう!

逃避行編集

Editicon このセクションは書きかけです。是非編集ボタンをクリックして知っていることを追加しましょう!

スパイの正体編集

Editicon このセクションは書きかけです。是非編集ボタンをクリックして知っていることを追加しましょう!

だまし絵編集

Editicon このセクションは書きかけです。是非編集ボタンをクリックして知っていることを追加しましょう!

蛇の道は蛇編集

Editicon このセクションは書きかけです。是非編集ボタンをクリックして知っていることを追加しましょう!

アダムの想像編集

Editicon このセクションは書きかけです。是非編集ボタンをクリックして知っていることを追加しましょう!